フォト
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2019年1月 »

2016年9月

2016年9月 8日 (木)

発表会 〜演奏曲〜

当日に向けてプログラム作成中。

せっかくなので皆さんがどんな曲を演奏されるか、プログラム(順不同)だけお知らせ致します。
ギターソロ、デュオ、カルテット・・・歌とギター。
どの曲が何の編成で演奏されるかは当日のお楽しみです^ - ^

きっと様々な楽しい音楽が繰り広げられることでしょう。


大きな古時計(H.C.ワーク)
嬉遊曲(F.カルリ)
想いの届く日(C.ガルデル)
チェロ組曲第6番〜プレリュード(J.S.バッハ)
悲愴〜第二楽章(L.V.ベートーヴェン)
エストレリータ(M.M.ポンセ)
愛の歌(J.K.メルツ)
タランテラ(J.K.メルツ)
ネズミのホタ(チュエカ)
エリーゼのために(L.V.ベートーヴェン)
BWV998〜アレグロ(J.S.バッハ)
火祭りの踊り(M.de.ファリャ)
最後のトレモロ(A.バリオス)
マドリガル ガボット(A.バリオス)
カルメンファンタジー(藤井敬吾)
テネシーワルツ(P.W.キング)
しゃぼん玉による変奏曲(藤井敬吾)
アランフェス モナムール (J.ロドリーゴ)
カラフル ナンバー(肘井桃子)
さとうきび畑(寺島尚彦)
庭の千草(M.ジュリアーニ)
夢(F.タレガ)
愛のロマンス(A.ルビラ)
11月のある日(L.ブローウェル)
タンゴno3(J.フェレール)
エチュードno20(F.カルリ)
ト長調のワルツ(D.フォルテア)
励まし(F.ソル)
エルチョクロ(A.ビジョルド)
ブランデンブルグ協奏曲第6番〜第一楽章(J.S.バッハ)
フェリシダージ(A.C.ジョビン)
テンポ ジ クリアンサ(D.レイス)
第三の男(A.カラス)
スペイン風セレナーデ(J.マラッツ)


9月11日(日)
旧古河鉱業若松ビル
11:30開演
入場無料

ご来場お待ちしていま〜す。

2016年9月 3日 (土)

どんでばもすツアー 【終了〜】

ツアー後半は4箇所。

21日の八女公演は、佐賀・長崎・熊本を見渡す山頂に建てられた絶景カフェ「とびかたの森」。

流石にこの時期の日中の暑さは、山頂でもなかなかのものでしたが、黄昏時を狙ってのライブスタートだったので、時間と共に静けさの増す自然の中での演奏は格別でした。

終演後の夜景&星空は昼間の晴天あってこそと言わんばかりに、すっきりとした空気に眩い光が際立っていて、実に素晴らしかった。。。

オーナーを始め関係者の皆様本当に素敵な時間を有難うございました!

Image_2


28日は昼夜2回公演。
昼は我が実家で不定期に行っている「出前コンサート」。

今回で15回目を迎えましたが、前回の5月に行った木下尊惇氏によるフォルクローレライブのあの異常なまでの盛り上がりに、この会も遂にピークを迎えたか。。。
と思いきや、地域の方々以外にも、わざわざ遠くからもお越し頂き、マンドリンの池田国昭さんも交えて今回も丸々2時間盛大に盛り上がりました(どんでもやるね〜^ - ^)。


終演後間もなく、夜公演のため宇部会場のスピークロウへ出発。

道中「今日はお客さん来れるか?」と思うほどの豪雨に見舞われましたが、到着後良い感じに雨も止み、無事開演。


Image_3


スピークロウでのライブはツアー上旬編に続いての2回目。
前回お越し頂いた方も含め、更に超満員の中でのライブになりました。

オリンピックにちなんだ企画だったので、前半オールブラジル&後半南米諸国といった、南米大陸オンパレードの一夜になりました。
前回あまり食べれなかった”フェイジョアーダ”も、オーナーの大野さんが沢山用意して下さっていて、何もかも感謝です。
本当に有難うございました‼︎

Image_4


Image_5


2回のライブを終え、再び昼間にお世話になった実家に戻り即寝。(よく弾いた)

翌朝はゲスト演奏家が来ると食べられる”池田国昭手製の朝カレー”を頂いて体もリセット!
ツアー最後のコンサート足立市民センターへ。

Image_6


これまでは毎回曲やプログラムを変え、各公演でいろいろ試してきましたが、7公演目の最終日という事もあって、ペース配分なんてもうイイよね?
初めからドバーッと行っちゃお〜ぜ〜。
というプログラムでツアー終了!

各会場で演奏を聴いて喜んで頂けるのは何より嬉しかったし、こうしていろいろな場所で演奏させて頂ける事に感謝です。

皆様大変お世話になりました!

どんでばもす益々頑張ります^ - ^

発表会^ - ^

9月11日の発表会に向けて教室の皆さんの演奏がとても良い感じになってきました。

発表会が近づく頃には演奏が仕上がってきているお陰でレッスンもスムーズに進むので、やや時間が余る事もあります。

で、この余った時間に生徒さんと話をするのですが、子供の生徒の場合は決まってその話の時間を放棄されます。


レッスンが終わるや否や、何故かソファと窓の間に飛び込んで、寝そべるのです。
小学生の生徒の間で大好評頂いているスペースがココ。

Image

そのまま寝てしまう子もいるほど、この絶妙な狭さが心地よいのだそうな。。。


土曜日は小学生の生徒が多いので、今日もまた他の子たちもココに寝そべって帰るんだろうな〜。


【 発表会のお知らせ 】

9月11日(日)
旧古河鉱業若松ビル
11:30開演
入場無料


終演後は前日アランフェス協奏曲の名演を聴かせてくれた河内健晟さんと、現在福岡を中心に活躍
中の壇遼さんと池田慎司のトリオでミニコンサートを企画していますので、お時間のある方はどうぞお気軽にお越し下さい。

« 2016年8月 | トップページ | 2019年1月 »